住ムフムラボ住ムフムラボ

住むコトアンケート

住むコトアンケート

↓

結果発表:第10回 住むコトアンケート

住まいと照明について

アンケートイメージ

〈アンケート概要〉
【実施期間:2018年3月1日~2018年8月31日】
対象:住ムフムラボ研究メンバー(n=1543、住ムフムラボでの紙アンケート、およびホームページ上でのWebアンケート)

 今回は「住まいの照明」についてのアンケート結果をご紹介します。照明といえば、その空間に十分な明るさを確保できるかどうかに目が向きがちですが、だんらんやくつろぎ、勉強、読書など、生活のシーンに合わせて癒しやリラックスの効果を高めたり、作業をしやすくしたりする役割もあります。皆さんは照明にどのようなことを求めているのでしょうか?

回答者数 n=1543

照明にこだわっている空間はどこ?

長い時間過ごす部屋は、照明にこだわりたい!

 ご自宅の照明で特にこだわって決めた部屋があるかどうかをたずねたところ、1位はやはり断トツで「リビング」でした。家族みんなにとって過ごす時間が長い場所だけに、癒しや作業性、照明器具自体のデザイン性など、こだわるポイントはさまざまにありそうです。また、2位から4位にはダイニング、玄関・ホール、寝室がランクイン。これらの空間も、そこで人が過ごす、人をもてなすといった点で、こだわりたいポイントといえます。

 一方で、全体での数値はそれほど高くないものの、階段、トイレ、廊下、浴室、洗面室については、60~70代の方ではこだわった方が多いようです。十分な照度で安全性を確保したり、夜間のトイレの際には眩しくなり過ぎないよう、といった配慮があると思われます。

■ ご自宅の照明で、特にこだわって決めた部屋はありますか?(複数回答)

照明の効果で関心があるのは?

明るいだけの明かりは要らない?! 癒しや快適性も期待!

 照明の効果や特徴について、いくつか選択肢を挙げて関心があるものをたずねたところ、「目にやさしい」、「癒しやリラックス効果がある」が1位と2位にランクイン。ただ明るいだけではない、明かりによる快適な環境づくりへの高い関心が示されました。5位の「キッチンでの作業がしやすい」や6位の「読書など細かい文字が読みやすい」、7位の「心地よい眠りにいざなう」への関心も高く、作業効率や快適性、睡眠の質の向上といった具体的な効果を期待する意識がうかがえます。

 一方で、明かりの効果とは関係のない「掃除がしやすい」が4位に挙がっていることにも注目。どれだけ照明にこだわっても、お手入れが大変なのは本末転倒。照明器具の掃除のしやすさだけに着目するのではなく、交換のしやすさやLEDなどの長寿命電球、汚れにくい照明設計など、住まいづくりや照明選びの段階から配慮しておきたいポイントだと言えそうです。

■ 照明の効果や特徴のうちどれに関心がありますか?(複数回答)

自宅の照明で不満なことは?

照明の不満は「スイッチ」「器具」「配置」にあり!

 ご自宅の照明で何か不満に感じておられることがないかたずねたところ、「不満はない」と答えた方は36.3%で、逆に言うと何かしら不満を抱えている方も少なくないことが分かりました。その中で、「スイッチ」や「照明の配置」については、後から変更がしにくいため、住まいづくりの時から計画しておく必要がありそうです。

 また、「その他」は数値としては低いものの、その中身は多種多様で興味深いものでした。

■ ご自宅の照明で何か不満はありますか?(複数回答)

本音を聞かせて!PickUp フリーアンサー“LEDへの期待と懸念”

 フリーアンサーではLEDに関するものが多く見られました。使用されている方は、寿命の長さ、明るさに満足されている方が多数派(①②)でしたが、なかには気持ちが休まらない気がするという方もいらっしゃいました(③)。使用されていない方は蛍光灯からLEDへの切り替えを希望されていますが、互換性(④)や手間と費用がどのくらい掛かるのかを具体的にイメージしづらいゆえの悩みも多く見られました(⑤⑥)。

1.新築時全ての部屋をLEDにしました。見た目も良く満足しています。初期費用はかかりましたが、快適です。(女性40代)
2.去年新築し、全室LEDにしたが、省エネ効果が絶大でした。(男性20代)
3.LED照明は明るいが、調光したり暖色を入れても、何か神経が過敏になって、気持ちが休まらないような気がする。(男性 50代)
4.現在は蛍光灯を使用していますが、今後LEDに更新する必要があると思います。互換性が気になります。(男性60代)
5.なるべく多くの照明をLEDにしたいのですが、取り換えにかかる手間と費用を考えれば難しいのかなって思います。(男性 60代)
6.LEDにしたいのですが、交換費が高額で、今使っている器具が壊れている訳ではないので、経費削減を考えると、どうするのが正解なのか分からなくなり、困っています。(女性 70歳以上)

ボタン

PAGETOPへ