住ムフムラボ住ムフムラボ

江 弘毅

江 弘毅/編集者

住まいと街の健全な「交通」が行われてこそ人がハッピーになる、 という街的生活者の住生活充実コラム。今日も「ごきげんなネタ」てんこ盛りで。

第23回 こんな時こそ、いい店のテイクアウトを応援しよう

 わたしの仕事場がある大阪市や住んでいる神戸市でも、新型コロナウイルス禍で、ここ数週間、街中の土日はほぼ人が出歩いていない状態だ。
 ちょうど締切の2日前、4月7日火曜日に「緊急事態宣言」が大阪府、兵庫県にも出て、それによって不要不急の外出を控えること、学校や劇場やデパートなどの使用禁止などなどが指示された。
 
 とにかく、「街に出て店に行って飲み食い、買い物をするな」。「映画館とかカラオケボックスとかもNG」「図書館や美術館、博物館の類いも閉館」ということだ。
 なんということだと思うが、パンデミックの恐ろしさを考えると、当然のアナウンスなのだろう。

 加えて、街やお店のことを書いたり編集したりする仕事柄、シェフや板前さんといった料理人、あるいは飲食店の経営者が多いが、「あのお店、先週潰れた」などと耳にするそれぞれの酷い状況はこのコラムでは書きようがない。

 お店サイドは、とにかく惨状を訴えてもいまのところ何の保障もない。だから、なんとか「テイクアウトで1人でもいいからお客さんに来てもらって、もって帰って食べて欲しい」。
 そんな動きがわたしの周りの飲食店にたくさん出てきている。ほんとうに「すがる思い」なのがわかる。

 今回、「街場の飲食店と各人の家あるいは部屋」ということで、この文章を書こうとしているのだが、にわかに脚光を浴びているUber Eatsは、あくまでもその一歩目からネット・ビジネス的な「配達システム」であって、街場の飲食店の「出前」という感覚とはまったく違う。

 Uber Eatsはマクドナルドやスタバから新旧レストラン(わたしの住む神戸市中央区の場合はなんでかインド料理店が多いな)のいわば「近くの店のメニュー」のカタログ・ショッピングだ。Webのシステム的には全然違うが、あくまでもピザ屋の出前の延長線上。そんな感じ

 カブや自転車に跨がった岡持ちのそば屋鮨屋のニーちゃんの、「この人もまた職人だなあ」と思わせるような食べ物の手触りは皆目ない。

 つまり「近所の店のやりとり」ではあるが「客側と店側の具体的な顔と顔の関係性がない」ところが、「まったく街的でない」とわたしは思っている。

その「近所の飲食店」、代表的なところでは老舗広東料理の[神戸元町別舘牡丹園]
老舗広東料理の[神戸元町別舘牡丹園]
https://www.facebook.com/283759155061395/
が3月30日から「ほぼすべての料理」のテイクアウトをFacebookで告知している。
3月30日から「ほぼすべての料理」のテイクアウトをFacebookで告知

 さすがに名店だけあって、フォロワーが「買ってきました」「家で食べてさすがにおいしかった」とニュースフィード上を賑わわせてくれていた。

 と思えば4月5日には「期間限定で15%オフ」との告知。
 こうなれば「行かなあかん」。まったくトイレットペーパーやマスク(もう売ってないけど)を買いに行く感じでスーパーへ生鮮食品を買いに行ったり、パン屋で2日分のフランスパンや山食パンをゲットするという感じ(=買い出し)ではない。
期間限定で15%オフ
 なんか「得したような気分」になってくる。

 2回目行った時は、自分だけ店で食べて家族の分は持ち帰り、そういうやり方を選択した。
 日曜日のランチ時、新型コロナ禍前では3階までびっしり満員の店が、さすが1階で3〜4人。2テーブルに1人の客、というありさまだった。全国的に知られる神戸中華の老舗でこの惨状だから(推して知るべし)……。

 けれども五目焼きそばをお持ち帰りしたら、さっそく(食べる前に写真に撮って)奥さんがFacebookに楽しそうに書き込んだ。
奥さんがFacebookに楽しそうに書き込んだ

 そんな「家で居る」日々を過ごしていて、「あそこのあれ」と食べたいものを思い出して、いろんな知り合いの飲食店をチェックしているとあるわあるわ。

 歩いて5分のコリアン料理の[KIM]。
 この店はいわば、韓国の伝統的な素材や家庭的な調理法とグルメ的なモード感覚を融合させて人気の店だ。
「15人分のテイクアウトのオーダーがあったがご飯が足りず9人前になった。今後は予約でお願いします」と女ご主人のリアルな書き込み。
歩いて5分のコリアン料理の[KIM]

 と思っていろいろ検索していたら、「神戸の飲食店テイクアウト情報!」(公開グループ・メンバー2,273人/4月7日現在)にヒットした。
https://www.facebook.com/groups/1324689374389425/

 おお、これは「モデレーター」も「友達」もリアルな街の知り合いが多くて(100人ぐらいいた)、即座にメンバー入りさせてもらいましたよ。
「神戸の飲食店テイクアウト情報!」

 このコラム・レポート、掲載日には、肝心の店が営業してるのか、テイクアウトをさらにどう展開しているか、想像もつかないが、新聞報道によると

 ■緊急事態宣言に向けた東京都の対応案
【社会生活を維持する上で必要として休業を求めない施設】には、病院、診療所、薬局、スーパーマーケット、コンビニエンスストア……、とあって
「飲食店(夜間・休日など営業時間の短縮、居酒屋は休業の要請)」となっていた。

 飲食店の皆さん、しぶとくいってください。応援してますから。

元町あたりは有名なレストランが多いがこの通り、なんとかテイクアウトで少しでも売り上げを、との切実さが伝わる
元町あたりは有名なレストランが多いがこの通り、なんとかテイクアウトで少しでも売り上げを、との切実さが伝わる

コラムニストから選ぶ

PAGETOPへ