住ムフムラボ住ムフムラボ

COLUMN

コラム

各界の人気コラムニストがくらしにとって大切な
「3つのカタチ」にあわせて綴ります。

↓

コラムニスト バックナンバー

三島邦弘

かぞくのカタチ

三島邦弘

みしま・くにひろ 1975年京都生まれ。2006年に東京・自由が丘に株式会社ミシマ社設立。「原点回帰」の出版社を標榜し、一冊入魂の出版活動に全国の書店員に支持者が多い。京都市内でオフィス兼「ミシマ社の本屋さん」(金曜のみ開店)も運営。著書に『計画と無計画のあいだ――「自由が丘のほがらかな出版社」の話』(河出文庫)、『失われた感覚を求めて 地方で出版社をするということ』(朝日新聞出版)。単行本以外に『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台』を編集・刊行。 twitter:@mishimakunihiro

家が職場、職場が家

今をときめく出版社「ミシマ社」のオフィスは会社というより家である。 なぜ「家」なのか? 家だと何が違うのか? へっぽこ代表兼編集者のコラム。

PAGETOPへ